25歳女 コットンパックとクリームを塗った 効果があった

私は、関西に住む25歳のOLです。先日、久しぶりに再会した友人との飲み会で乳首の色について話す機会があり、乳首のケアについて真剣に考えるようになりました。友人は、妊娠をきっかけに乳首の色が濃くなったようで、以前のようなピンク色には戻れない気がする、と嘆いていました。恥ずかしながら私は、友人の話を聞くまで自分の乳首の色を気にしたことがありませんでした。家に帰ってから自分の乳首の色を確認してみると、確かにセクシー女優の方と比べて色が濃いような気がして…。やっぱりピンク色の乳首は見栄えも良くて、憧れますよね。その日以来、誰かに相談するのも恥ずかしいので、インターネットでひたすら「乳首 ピンクにする方法」を検索しました。色々調べてみた結果、手軽にチャレンジできそうな物から挑戦してみることにしました。最初に試したのは、レモンの輪切りを乳首の上に5分間のせる、といったものです。2~3日ほど、お風呂上がりに試してみたのですが乳首が痒くなるような気がしたので断念。色に関しては、少し薄くなったかな、という程度でした。肌の強さには個人差がありますが、もし乳首が痒くならないようでしたら、手軽にできるのでオススメの方法です。次に試したのは、化粧水でコットンパックをした後に保湿用クリームを塗る方法です。家にあるものを使用したので、美白に特化したものではありませんでしたが、1週間ほど続けてみると以前より乳首の色が明るくなったような気がしました。それまで、お風呂上がりには毎日保湿用クリームを体に塗っていましたが、乳首には一切塗っていませんでした。そのせいか乳首が乾燥して敏感になっている状態で、ブラジャーに擦れてしまい痛い思いをしていました。しかし、毎日化粧水でコットンパックをして、クリームを塗ることで乳首が乾燥しなくなり、以前より丈夫になった気がします。乳首は普段の生活で人目につかない部分ですが、毎日ケアを続けると愛着が湧いてきて、ケアをするのが楽しくなってくるので何もケアしていない人は、ぜひチャレンジしてみて欲しいです。