目指せピンク!乳首の脱色にチャレンジ体験談

25歳女 レーザーで乳首の悩み解決!

現在結婚して妊活をしている25歳女です。
乳首の黒ずみについて、昔から気になっていたわけではないのですが、20歳を過ぎた頃からホルモンバランスの関係からなのか黒ずみが気になるようになってきました。
1度気になると頭から離れなくなってしまうタイプなので温泉などに行くとすれ違う人の乳首の色をチェックして「あの人よりは薄いかな」「あの人はピンクでいいなぁ」と敏感になっていました。
その頃はテレビに映る男性の乳首も気になって仕方がありませんでした。
さすがに乳首のことで悩みすぎていたのでお金をかけてでも色を薄くする努力をしようと思いました。
ネットで調べると乳首や脇の黒ずみをとるというクリームがたくさん出てきたのですがとあるサイトによるとこういった商品は白人用に作られているものが多く、黄色人種の日本人には合わないとのことで一切使いませんでした。
手っ取り早く色を薄くする方法を調べるとレーザーでの方法があると出てきたのでさっそくカウンセリングを受けに行くことにしました。
悩みを伝えるとやはりレーザーでの治療が効果的だと伝えられ、たくさんの方の症例やリスクなども詳しく教えてもらいました。
値段はまぁまぁ高かったのですが、コンプレックスが消えるのならば安いものだ!と思い、レーザーを受けることにしました。
計5回レーザーを受けたのですが回数を重ねる毎に本当にどんどんピンクになっていって驚きました。
レーザーが終わってからはなるべく摩擦の起きにくい下着を選ぶなど乳首に気を使って過ごしています。
今では温泉でも銭湯でもどうどうと乳首を見せびらかして入れていますが妊娠や出産を経験すると黒くなるという人も多くいるようなので今から少し不安でいます。
でも、妊娠や出産で乳首が黒くなったとしてもそれも女として頑張った証であって、これがあったからこの子に出会えることができたなんて思える日がくるんじゃないかななんて考えてもいます。