私は30歳会社員の女性です。

今回は、私の乳首の黒ずみ対策についてご紹介したいと思います。

私は、もともと乳首が黒っぽくて、桃色乳首に陰ながら憧れていました。

以前は、岩塩スクラブなどでマッサージをしたりしていましたが、その際に乳首が炎症を起こし、荒れてしまいました。

それからは、極力刺激を与えず、保湿やバスト全体のマッサージを心がけるようになりました。

まず、低刺激のマッサージジェルでバスト全体をマッサージするのと同時に乳首も同時にマッサージしています。

その後は、バスト全体にバストクリームを塗り、乳首にのみ、オーガニックオイルを重ね、乾燥対策をしています。

また、巷には乳首パックなるものがあるので、そちらでも時々乳首ケアを行なったりもしています。

香りも良いので、オススメです。

このようなケアを行うようになってから、乳首がワントーン明るくなり、心なしか乳首がふっくらしてきたようにも感じています。

また、バストや乳首が触れるブラジャーやランジェリーも肌に優しい素材のものを厳選して選ぶようにしています。

そして、私はたまに乳首が痒くなることがあるのですが、極力かかないように我慢しています。

また、痒みが出ないように清潔を保つことも心がけています。

特に夏場などは汗をかくので、汗をかいた際は制汗シートなどでバスト周りや乳首を拭き、ブラジャーを清潔なものに着替えるようにしています。

そうすることで、乳首の痒みが起こる頻度がかなり減りました。

なかなか人目に触れる場所ではないですが、そうだからこそ、乳首は女子力が試されるパーツではないでしょうか?

乳首が黒ずんでいたり、シワシワでは女性らしいバストとは言えませんよね。

だからこそ、日々のケアが大切ですよね。

なかなか後回しになりがちなパーツですが、大事な体の一部です。

きちんとケアして、桃色乳首を目指しましょう。

私もまだまだなので、一緒に頑張って女子力アップしましょうね。

20代後半の女です。
恥ずかしながら、私はもともとピンク色の乳首をしていました。ですが、仕事のストレスで生理が遅れたり、体調を崩したりしていました。そして、ふと鏡の前に立って乳首を見ると、「あれ・・・こんなに乳首黒かったっけ?」と思いました。前、友人と温泉に行った時、友達が乳首黒くて、「乳首黒いな~」って思っていたら、まさか自分も黒くなってしまいました。罰があたったのでしょうか・・・。ネットで検索すると、お風呂に入ったとき、乳首をよく洗い、石鹸がついたままサランラップを乳首につけて約三分くらい待つという方法があり、やってみました。が、しかし、効果ゼロでした。当時彼氏がいて、急に黒くなった乳首を見せるのがとても恥ずかしかったです。しかし、性行為中暗いのでばれませんでした。でも一緒にお風呂入ったときとかには、見られてないとは思うけど、見られてたら恥ずかしい気持ちになりました。勇気を出して、彼氏に言ってみました。「乳首黒くない?」と。そしたら全然気にならないと言ってくれました。私は単純な女なので、彼氏にそう言われてから全然気にならなくなってしまったのです。それから月日が経ち、彼氏と結婚し、子供を授かりました。もともと妊娠が分かった時から、胸が大きく張ってきていました。妊娠中期に入った時には、つわりも良くなり、自分に余裕が出てきたときです。いつものように朝仕事に行く用意をしていました。全身鏡でお腹どれくらい出たかな~?って見たとき「あれれ?乳首また黒くない?」と思って、旦那さんに見せて聞くと「ほんとだ!」って!でもその時は子供に何かあったら嫌だったので何もしませんでした。旦那さんの気持ちを知りたい方は旦那の気持ち占い体験談なども参考になります。出産が終わり、無事に出産しました。そして助産師さんに聞くと、黒くなるみたいです!!!私はもともと黒かったから、さらに黒くなったことを説明すると「授乳が終わるまで様子見てください。下手に何かすると、母乳に何かはいるかもしれないので」と言われました。私はもう黒い乳首でいいやとその時思いました。

私は25歳の会社員です。
最近セクシーな女性になる為、グラビアやAVを見て綺麗な女性を見るようになりました。
しばらく見ているうちに、
私が綺麗だと思う体のポイントが
・体型
・肌の色
なのですが、どうあがいても胸のサイズを大きくすることは難しいと思い
肌の色をできるだけ白くする努力をしようとおもいました。
肌全体の色よりも、乳首やVIOの黒ずみがあると実際よりも黒く見えてしまうなと感じたのでそのポイントを綺麗にするようにしようと思いました。
特に私は唇や乳首の色が濃くて渋めのお色味なので気になります。
最近某脱毛サロンでオススメしていただいたクリームマスクがあるのですが、
エスティシャンのお姉さま方が口を揃えて
「白くなる」「乳首に塗ると良いと使ったお客様から多数お声があった」と言っていました。
サロンで購入するととてもお高いため、
フリマアプリで購入するようにしています。
塗っているのは唇・乳首・VIOなのですが、唇の色が明るくなってきたように思うので乳首やVIOへの塗布をもう少し頑張ってみようとおもっています。
私はとても小胸なので、綺麗に見せようと思うと形が崩れないようにすることと、肌色のくすみをできるだけなくすことくらいしかできないのに
どうして今まで乳首の美白ケアをしてこなかったのだろうととても後悔しています。
時間がかかりそうなのですが、地道にコツコツ頑張っていこうと思います。
色白になれれば、体にある黒子が目立ってよりセクシーに見えたり
良いことがいっぱいなので効果が出るのがとても楽しみです。
乳首は日光に当たらない為、日焼けをして黒いわけではありません。でもなぜか黒ずみます…
あまり理由が思いつかないのですが、強いていうならブラジャーの摩擦も関係しているのではないでしょうか。
なので、私は保湿を重視したケアを行うようにしています。
あとはメラノCCなどのビタミン系のクリームも使用するようにしています。
みなさまも、セクシーなボディづくりに黒ずみケアを入れてみてはいかがでしょうか。

32歳、女性です。

私が乳首の色が気になり始めたのは、16歳頃です。
それまで全く乳首の色なんて意識していなかったのですが、大人になるにつれて気になるようになりました。
同時、思春期ど真ん中の少女だった私。
色々試してみたくてもやり方が分からないし、お金もないし…悩みすぎて友人とお風呂に一緒に入るのも嫌だと思っていました。

ところで乳首の黒ずみってどうして起こるか知っていますか?
下着と乳首との摩擦で起こるそうです。
生まれてからずっと黒かったわけではなく、徐々に黒くなっていくのだとわかりました。
そう分かった時少しだけ希望が見えたのを覚えています。
「最初は、ピンクだったのだったら戻せるに違いない!」

16歳の頃はお金がなくて諦めていた乳首の治療。
ですが、20歳になって就職して初めてのお給料をもらった私は、いずれ乳首の色を変えてやるんだと意気込んでいました。

最初に調べたのは、美容外科での乳首のレーザー治療です。
しみを消したり美白効果のあるレーザーを乳首に照射することで乳首の色の改善につなげるというものです。
これを行うと1回でかなりの効果が高いことが分かりました。
ですが、調べていく上で私が気になったのが、やっている美容外科がかなり少ないこと。
私が調べた限りですと、当時東京で1店舗しかやっていませんでした。
そして2つ目に気なったのが、痛みに関することです。
他の美容外科で脱毛をやったことがあるのですが、それの比じゃないくらい痛いということ。
私は脱毛もかなり苦手で、我慢できないのではないかと思いました。
そして3つ目に気になったのが費用です。
1回の施術で約15万円。
まだ仕事したばかりの私にはとんでもなく高く感じてしまって、レーザー治療は断念したのです。

次に私が調べたのは乳首を美白するためのクリームを塗る治療です。
私は、効果が高いものを使いたくて、ドラックストアなどで売っているようなものでなくて美容外科で購入しました。
当時で1本1万円くらいだったと思います。
これなら痛みもないし、価格も手を出せないくらいではなかったのですぐに始めることができました。
これの効果が思った以上に高く、使用してから2か月後くらいから変化を感じました。

それから10年以上経ちますが、今では友人とお風呂に入るときも全く恥ずかしいと思うことはないし、堂々と裸を見せることができています。

男性女性関わらず、誰しも体に関するコンプレックスはあると思います。
それによって行動に制限がかかるなんで悲しいですよね。
皆さんも変化への一歩、踏み出してみてはいかがですか。

私は、関西に住む25歳のOLです。先日、久しぶりに再会した友人との飲み会で乳首の色について話す機会があり、乳首のケアについて真剣に考えるようになりました。友人は、妊娠をきっかけに乳首の色が濃くなったようで、以前のようなピンク色には戻れない気がする、と嘆いていました。恥ずかしながら私は、友人の話を聞くまで自分の乳首の色を気にしたことがありませんでした。家に帰ってから自分の乳首の色を確認してみると、確かにセクシー女優の方と比べて色が濃いような気がして…。やっぱりピンク色の乳首は見栄えも良くて、憧れますよね。その日以来、誰かに相談するのも恥ずかしいので、インターネットでひたすら「乳首 ピンクにする方法」を検索しました。色々調べてみた結果、手軽にチャレンジできそうな物から挑戦してみることにしました。最初に試したのは、レモンの輪切りを乳首の上に5分間のせる、といったものです。2~3日ほど、お風呂上がりに試してみたのですが乳首が痒くなるような気がしたので断念。色に関しては、少し薄くなったかな、という程度でした。肌の強さには個人差がありますが、もし乳首が痒くならないようでしたら、手軽にできるのでオススメの方法です。次に試したのは、化粧水でコットンパックをした後に保湿用クリームを塗る方法です。家にあるものを使用したので、美白に特化したものではありませんでしたが、1週間ほど続けてみると以前より乳首の色が明るくなったような気がしました。それまで、お風呂上がりには毎日保湿用クリームを体に塗っていましたが、乳首には一切塗っていませんでした。そのせいか乳首が乾燥して敏感になっている状態で、ブラジャーに擦れてしまい痛い思いをしていました。しかし、毎日化粧水でコットンパックをして、クリームを塗ることで乳首が乾燥しなくなり、以前より丈夫になった気がします。乳首は普段の生活で人目につかない部分ですが、毎日ケアを続けると愛着が湧いてきて、ケアをするのが楽しくなってくるので何もケアしていない人は、ぜひチャレンジしてみて欲しいです。

現在34歳です。バストトップの色を気にし出したのは、10代後半からだったかな、と記憶しています。ある日ふと、バストトップの色が、子どもの頃より少し暗い色になってきたような気がして、そこから気になって仕方なくなってしまいました。でもどうしたら良いのか分からなかったので、実際にケアを始めたのは20代前半だったと思います。はじめは通販雑誌の後ろの方のページによく載っている、デリケートゾーンやバストトップの色をケアする、確か「デリケートピンク」という名前の商品だったと思います。バストトップに直接塗るタイプの、ジェル状の化粧品でした。通販雑誌を何気なく見ていて、たまたま目に入ったのがきっかけでした。悩んでいたし、3000円位だったので、そのくらいなら出しても良いかな、と思って買いました。もっと高い、似たような効果の商品もあったのですが、値段が3倍以上していたので、そこまではさすがに出せなかったです。届いてみてさっそく、毎日お風呂上がりに使用しました。買ったものの、正直効果は期待していなかったんです。年齢と共にバストトップは黒ずんでいくものだし、そもそもバストトップの色って、遺伝的なものもあって、人それぞれどんな色か、どういう色にこれからなるか、っていうのが決まっているものだと思っていましたし。けれど使用しはじめて数週間、多分1ヶ月程度経った頃、少しずつピンクっぽくなっている感じがしました。色が薄くなる、というより、もともとあった色に、ピンクが足される感じでした。効果があったのなら続けていけば良いのに、何故か少しでも効果があることが分かった私は、そこで満足して中断してしまいました。面倒になった、というのもあります。以降は時々気になったときに塗る程度で、ほぼ放置状態。その後しまいこんで眠らせてしまいました。それから何年かして、再びバストトップの色が気になり出したのは20代後半になってから。顔の吹き出物跡や肘の黒ずみをケアするために買ったピーリンクジェルを、ついでにバストトップにも使ってみたら、ピンクにこそはなりませんが、くすみは取れる感じ。もともと顔にも使えるジェルで優しく角質をオフする。34の今も、このケア方法で落ち着いています。

ティーンエイジャーの頃から乳首の黒ずみが気になる25歳独身です。
たまたま観ていたハリウッド映画で女優さんがトップレスになるシーンや国内オトナ向けのコンテンツを見て薄々感じていてはいた。
「もしかして、私の乳首黒い・・・?」と。
いやいや、女優なんだから綺麗で当たり前、一般人はどうなのか気になってしょうがない。とはいえ、友達に「〇〇ちゃんのおっぱい見せて」なんて正直に言えないのでネットで調べてみた。まず、原因は摩擦であると。自分では合わないブラジャーが締め付けや擦れを生じさせている感覚はなかったし、自分でも、ましてや他人にも触られない。はっきりとした原因はわからずモヤモヤしたが、乳首はピンク色がいいことはわかった。巷では性に奔放な女性は乳首が黒いとも言われている。こういう都市伝説のせいで自分の裸に自信が持てなくなり、段々と温泉やプールなどに行かなくなった。
乳首が黒ずんでいるのに加え、実は乳輪も大きめである。それまで付き合ってきた恋人には直接言われなかったが、彼らはきっとがっかりしていただろうなと思う。「あ、乳首ピンクじゃないんだ」って。彼らの方が綺麗な乳首だったりもして、余計にショックを受けたのを覚えている。
ある日、初めてベッドを共にした彼との会話。「乳輪でかくね?」「乳首ピンクじゃないんだ」と人生で初めて面と向かって言われた。普通彼女に向かってそんなこと言うかと、怒りが湧いたと共にコンプレックスを指摘されてショックだった。もうその頃は社会人になっていたので月々少しの余裕があったので、黒ずみ対策用のクリームを購入した。割安な定期購入を申し込み、朝晩塗り続けたが効果は出ない。申し込み直後は「綺麗になる」と希望を持っていたが、半年経っても効果が見られないのでコスパが悪いなと思い始めて塗るのをやめてしまった。しばらく経って別メーカーのクリームを現在使っている。全身に使えるのでワキ・乳首・デリケートゾーンに塗っており、ワキの黒ずみはだいぶ綺麗になって肌が明るくなった。別メーカーのクリームにしてから4か月経つが、乳首の黒ずみは薄っすらと効果が出てきたような、出てきていないような…といったところ。しかし、ワキを綺麗にした実績があるから信じて使い続けてみようと思う。高いクリームをケチって少しずつ使うよりも、少し値段抑えめのクリームを十分塗るほうが効果がでるのかもしれない。もし迷っている人がいたら、この点参考にしていただければと思う。

学生時代、バイト先の先輩から「おまえの乳首はサーモンピンクだな」と予想されたことのある私です。色白だったからかもしれませんが、そんな会話が自然と出来る開放的なお店でバイトしてたんだなと懐かしく思います。
さて、実際の乳首は、残念ながらサーモンピンクではありませんでしたが、やはり出産後に色も形もが大きく変化したな~という実感はあります。
これまでに2回出産を経験していますが、一回目にかなり衝撃を受けました。はじめての出産は、身体の変化やホルモンバランスの関係で、自分の身体の色々な変化に気付きやすくなっていると思います。
妊娠中から産後も、同じ経験をしたママ友さんとの会話はもっぱら身体の変化についてでした。乳首の黒ずみはもちろん、妊娠線を作らないようにするにはどうしたら良いか、抜け毛がすごい、虫歯が増えた、体型が崩れてしまった、など、皆生理的な現象が気になったのだとおもいます。
やれクリームや、オイルや、毎日のお手入れなど、色んな情報が飛び交いましたし、ネットで検索すればたくさんの商品がヒットされます。私も、クリームとハーブティによる対策をしようと試みたことがありましたが、目の前にいる子ども達を見ていて、子どもが生まれてきた証でもあるし、旦那さんからも何も言われないし、もっとありのままを受け入れてみようと思ったことがありました。
その後、忙しい毎日で忘れていたこともあったけれど、自分の身体の負の要素だと思っていた場所が全然気にならなくなりました。もちろん、きれいな乳首に憧れはありますし、実際見る機会があったら羨ましくもなると思います。でも、ありのままの自身を受け入れることも大事だと思うので、受け入れたあと、自分がどう考えるのか、対策をとってゆくのか、ストレスにはなっていないか、乳首の黒ずみを何のために明るくしたいのか等、目的を見失わない上で、楽しみながら生活してゆけるととても良いのではないかなと思います。

女子大学生です。私が乳首の黒ずみ対策をした経緯は彼氏とのエッチのためと綺麗な乳首にしたいためです。女は誰でも乳首をピンクにしたい、男は乳首はピンク色の方が好きなためです。時期は約2年前です。その時の心情は悲しく、後悔しています。後悔していることは、怪しい商品は買ったことです。ろくに調べもせず、値段が安い商品を買いました。塗り始めは中々効果ができませんでしたが、1.2週間経った頃、乳首の皮が剥けてきました。茶色の皮だったため、乳首はピンク色になったのかと思いきや、ヒリヒリに赤くなった乳首でした。お風呂で乳首を洗ったり下着をつける時にとても痛いです。やっと痛みが無くなったと思いきや、今度は乳首の周りに黒ずんだ皮膚ができました。乳首だけでなく皮膚の皮も剥がれたためです。1年ほどキズ消しクリームを塗った甲斐があり、現在ではその後は無くなりました。キズ消しクリームを塗らなかったら一生残る後だと思います。この商品のせいで時間がかかり苦労もとても多かったです。説明書はどこの国の言葉がわからない言語で書いてあり、商品の裏面には成分表などは全く無く真っ白でした。買ってから気づくことが多く、使用してから気づくこともとても多かったです。見ている人にアドバイスは、値段に惑わされず怪しい商品は買ってはいけません。しっかりと口コミを見て、サクラがいないことも出来るだけ調べましょう。現在では先程申し上げた彼氏とは乳首とは関係ないことで別れましたが、今の彼氏は茶色の乳首でも可愛いと言ってくれます。乳首の色のせいで人生困ることは全くありません。乳首の色を気にしているのは自分だけです。銭湯に行けば茶色の乳首の人はたくさんいるでしょう?モデルやAV女優は乳首の色はピンクですが、それは童貞たちの幻想と妄想です。何の努力もなしに乳首の色がピンクの女はいません。あなたの魅力は乳首で決まりません。どうしても乳首の色をピンクにしたい場合は、さっきも言ったようにきちんと調べましょう。

35歳女性です。私は肌が白いと、子供の頃からよく言われてきましたし、実際大人になった今でも、色白で、日焼け対策もきちんと行なっている方です。ですが、歳を重ねるにつれて、メラニン色素が、体の奥から多く発生して、シミやほくろもとても出やすくなったし、皮膚の厚い部分は、少し分厚くなったり、黒ずんだりすることが大変増えてきました。
その中でも、自分ではあまり気づかなかった、乳首の黒ずみを指摘されて、ハッとしました。見てみると、乳首や乳首周辺が、とても黒ずんでいたのです。これも年齢のせいだとは思いますが、とてもショックだったので、私は皮膚科の先生に相談をしました。皮膚科の先生は、やはり乳首というのは、とても皮膚が薄いので、少し擦れたり当たったりするだけで、黒くなりやすいです。服を着て、服が当たるだけでも黒ずんでしまう上に、女性は下着で締め付けてしまって、長時間過ごしてしまったり、授乳経験経験がある人は、ない人に比べて、それ以上に、黒くなりやすいです。そしてこれはいわゆる老化現象の一部であるとおっしゃいましたが、それもまたショックで、レーザーで、この黒ずみをなくす提案をされましたので、その施術をお願いしました。
レーザーを二週間に一度くらい、病院で当てるだけで、数回していたら、乳首の黒ずみが、少しずつなくなっていき、明るく、ピンク色のような元の色に戻っていきました。毎日、お化粧水と乳液、クリームだけは絶対にしっかりと塗りました。そしてどれも美白系のものを使って、きちんと管理しています。また、アイクリームで目尻のシワを作らない対策を取るように、毎日ではないですが、アイクリームも塗ったりしています。乳首が下がったり、弾力がなくなってきたりすると、それもまた、乳首の色に影を作ってしまったり、黒ずんでしまう結果に繋がるということで、私は本当に気を使って対策をしています。
乳首が綺麗な女性は、とても美しいと感じます。

30代前半の女性ですが、恋愛経験がほとんどなく彼氏が欲しいと思った時に、気になっていたのが乳首の黒ずみです。今まで意識をしたことがあまりありませんでしたが、友達と温泉に行った時に友達の乳首がちらっと見えてピンクだったことがすごく衝撃だったのです。年齢も同じぐらいなのに何でそんなにきれいなの?と思ったら、自分の乳首を見て悲しくなってしまいました。新しい出会いを期待する時に、自分の状態は完璧にしておきたいですし、彼氏が出来た時に乳首がピンク色をしている方が良いと思って、対策を行う事にしました。

私が使ったのは乳首用の黒ずみ対応のクリームです。通販専売品で様々なメーカーから出ていますが、口コミ評判でも高評価されている物を選びました。どれを選ぶか迷った時には口コミを結構使います。多くの方が良いと言っている物はそれだけメリットも有るかなと思って選びました。

使い始めて2~3週間は特に変化がありませんでした。これは本当に効果があるのかなと、疑心暗鬼になる部分も有りましたが、口コミでも2ヶ月ぐらいは使わないと効果が分からないと書いている方も有ったので、根気よく使いました。そこで諦めずに使って良かったと思ったのは、1カ月を過ぎたあたりです。だんだん黒ずんでいた乳首が気づけばその色素が薄くなってきたように感じました。

自分で写メを取って比較していたのですが、その色が同じ状況で撮影をしていたのですが結構変化があって、1回目に使った時と比べてかなり薄くなってきていました。下着の締め付けなどもあったり、摩擦で色素沈着をするようですが、その色素沈着に効果があるようです。乳首の黒ずみが薄くなってきて、なんだか自分の肌に自信が持てるようになってきて嬉しかったです。気持ちの変化も有りますし、これでもっと恋活婚活に進める気がしました。

他のアイテムを使っていないので分かりませんが、多分私が使っていたクリームは効果が比較的あるものだと思います。悩んでいる方は自分にあう物を選んで使ってみると良いです。

こんにちは、乳首の色が濃い目の女性です。

乳首の色は思春期から気にしていました。
当時中学生の私は、雑誌で「乳首はピンクが正義!黒は遊んでそう!」などと書かれているのを見て
大変ショックを受けました。

最初の対策は雑誌の広告に載っていたクリームでした。
ピンクの文字が入ったネーミングも怪しい、効能、成分も怪しいとにかく怪しいクリームでした。
でも悩んでいた私は欲しかったのです、お小遣いを貯めてこっそり注文しました。

到着したクリームを早速塗ってみましたが、やはり怪しいクリーム、憧れのピンクにはなりませんでした。
クリームなので、乾燥には良いのか?塗ったあとはテラテラと光った茶色い乳首は手に入りました。
その後、特に人に見せる予定もないしピンク乳首は諦めました。

20歳を過ぎた頃、彼氏が出来て乳首問題が再びやってきました。
前回の失敗を踏まえ、今回はピーリング効果と美白効果のある顔用の基礎化粧品を使ってみることにしました。
顔のついでに乳首もお手入れで一石二鳥ではと張り切ってみたものの、結果はあまり効果なし、
表面の角質や汚れは取れて、多少薄くはなるものの乳首の奥からのメラニン色素には勝てませんでした。
これはもう遺伝なんだ、母も妹も濃い目のものを持っている、と諦めました。
幸い彼氏はあまり気にしない人でした。

その後、思い出したようにピンク乳首への憧れが湧き上がり
その度に検索して黒ずみ対策を調べていました。
時代と共に技術も進化してレーザーやら脱色クリームやらあるようですが、
費用や肌への負担を考えると踏み切れませんでした。

最終的に得た黒ずみ対策の答えは、加齢です!
メラニンは年をとって女性ホルモンが少なくなると薄くなってくるそうなので、
そちらに期待しています。
そういえば銭湯でお見かけしたお婆さま方は皆綺麗なピンクでした。
メラニンが原因で黒いタイプの乳首には朗報ですよね。
ただ、その時ピンクでもどうなんだという話でもありますが。

こんにちは48歳主婦です。
この体験はもっとずっと以前の話しなので恐縮ですが、20代後半のことです。
当時高額だったのですが、補正下着をつけていました。けっこうきつめの下着を着用していまして、
その着方にはまずガードル、それからビスチェタイプのロングブラ、と順序があるのですが
下から上がってきたお肉を上へ上へと押し込んでいくような着方です。
お肉がたっぷりあった私はお店で一番大きなサイズを身に着けてもブラから半分以上胸がこぼれていました。
それをギュウギュウとブラのカップ内に固めるように押し込んでいくのです。
当然のごとく乳首がブラの生地にすれてしまって、かなりの色素沈着をおこしてしまいました。
特に乳輪の下半球といいましょうか、本当に皮が厚くなり黒くチリチリになってしまいました。
でも痩せたい一心で着用しつづけました。
それから結婚を機に遠方に引っ越し、補正下着から離れました。
着用をやめてしばらくしてから、お風呂で湯舟につかっていると、胸の陰からゆらっと黒いものが
ただよっていて!なんと乳輪の皮だったんです。
ふやけて表面からはがれてきたんですね。
なんだかトホホだったのですが、これはもしかしたらふやかす→除去する、を繰り返したら
全体的に綺麗になるのではないかと思いました。
ネットで調べた結果、独自にパックのようなものを作って入浴の際に塗ってみることにしました。
まずはオリーブオイルと砂糖の組み合わせ。これは一番好きでした。砂糖は普通の白い砂糖なのですが
すぐに溶けてスクラブ的に低刺激でした。
それからオロナインと砂糖または粗塩、これはちょっと固かったですが長く乗せておけました。
ニベアと砂糖もよかったです。
パックと軽いスクラブを繰り返した結果、薄皮が、時には感動的な黒い皮が取れましたが徐々に剥がれ落ち
綺麗な色に戻ってきました。
今は加齢でだと思いますが、色素が薄くなっています。
でもいろいろやりすぎたからか、今でもいきなりかゆくなったりして困っています。
恥ずかしながら皮膚科に行きましたら、乳首アトピーとのこと。悲しいです。
衣類のこすれ(サイズがあわないものや、今たくさんでているブラトップはキープ力が足りないせいかすぐかゆくなってしまいます。)それから汗に気をつけて過ごしています。
乳首の色に悩んでいる方、あまり独自にいろいろな刺激は加えないほうが、あとあといいかな?と思います。

乳首が黒ずんできたのは出産後1年くらい経ってから。あまり母乳の出がよくなかった私は3ヶ月くらいの授乳で後は粉ミルクに切り替えました。胸があまり張らなくて母乳は思うほど出ませんでした。真冬の出産だったため冷えて乳首の状態も悪く何度も出血しました。

出血した乳首は使えないので傷が治るまでひとつの乳房しか使えませんでした。それを左右交互に繰り返していたため乳首にはダメージがあったのです。乳輪の色は普通でも乳首の色が濃いと何となくコンプレックスを感じます。

この乳首の黒ずみは長年私を悩ませました。男性の目は特に気にならないけど銭湯などへ行くと同性の目が気になります。といっても、私と同じように少しの間でも母乳を出していた女性の乳首は多かれ少なかれ黒ずみがあります。みんな同じなんだな・・・と少しホッとするけれどそれに安心していたら何も変わりません。

銭湯やスパ施設に行った時胸をタオルで隠さず居られるように・・・と乳首に刺激があることをやめました。その中でこれは続けようと決めているのは入浴で乳首を洗わないこと。乳首はデリケートですからシャワーで洗ったりお湯に浸かっているだけで良いのです。

足の裏ならスポンジでゴシゴシやりたくなるけれど乳首はそんなことしたらますます黒ずみます。刺激を避けることが何よりも大事なんだから普段から乳首を刺激しないようにしています。胸そのものもスポンジを使わず手のひらでマッサージするだけにしていますよ。

足は少し強めにこすっても黒ずみません。腕も気持ちが良い程度にこすっても黒ずみません。しかし、デリケートゾーンや乳首は刺激が重なると黒ずみますね・・・。脇の下も同じように刺激が加わり続けると黒ずんできます。

乳首の黒ずみ対策では入浴時こんな風に注意することが習慣です。他には肌にやさしいブラを使うことですね。オシャレなブラを使うより肌に刺激が少ないスポーツタイプのブラが好きです。少し乳首の色が薄くなってきました。

結婚して2年目の32歳主婦です。私は物心ついたころから、体についての悩み事があって…友達と一緒にお風呂に入るのもいやでした。それは乳首が黒ずんでいること。友達はキレイなピンク色なのに、なぜ私だけこんな色なんだろうと悩んでいました。当時は何をすればいいか分からず、母親にも恥ずかしくて相談できなかったため、そのまま放置。大学生になったころ、人生はじめての彼氏ができたときに再度悩み始めました。友達にも言えないような悩みだったため、ひたすらインターネットで検索。さまざまな情報をあさり読みしました。そこで見つけたのが“ハイドロキノン”という成分。肌を白くする効果があるらしく、皮膚科で処方されるものです。クリーム状のものから、化粧水タイプまでいろいろと種類がありました。それを知った私は「これなら塗るだけで乳首の色が変わるかも!」と思い、皮膚科に足を運びました。わざわざ皮膚科まできたものの、乳首の色で悩んでいるとは到底言えず…結局“ニキビ跡を改善したい”と言い、お医者さんに処方してもらいました。さっそく家に帰って、試してみることに。お風呂上りにワクワクしながら塗りました。ハイドロキノンは劣化を遅らせるために、冷蔵庫で保存する必要があり、塗った瞬間はちょっとひんやり。でもすぐに慣れました。特に異常がなかったため、そのまま何日か塗り続けていました。期待して塗っていましたが、特に色が薄くなることもなく…濃くなっていることもなく。でもやはり、効果を期待していたので、パックをしてみることにしました。クリームを塗った上から、ラップをかけてしばらく放置。そのような塗り方をしていたある日、塗った後に眠くなってしまい、そのまま朝まで長時間放置してしまったんです!そのときは乳首がとってもひりひりと痛みが出てしまいました。そのあと皮がめくれてしまって…。歩くたびに下着に擦れるので炎症が治まるまでとても痛かったです。肝心の色についても、私の場合は効果が見られませんでした。ハイドロキノンは、確かに肌を白くする成分ですが、しっかりお医者さんで相談してから試した方が安全だと思います。恥ずかしいかと思いますが、これから試す方は相談してからチャレンジして見てください。

人より乳輪が小さく、黒めであるのではないかと悩んでいました。
現在35歳ですが、25歳頃の話です。

当時付き合っていた彼氏に、元カノとの胸の大きさを比べられた事がきっかけでバストに関して悩みをもつようになりました。
大きさは大きくも小さくもないので今まで悩んだ事はなかったのですが、大きくする事は難しくても、乳首を綺麗にする事は出来るだろうと思いハイドロキノンクリームをネットで購入して試してみました。

綺麗なピンク色になるのならという一心で、傷ついた自分の心を癒す目的もあったと思います。
自分に自信がもてるようになれば彼に何を言われても大丈夫だと思ったのです。

おそるおそる夜お風呂上りに塗る事を毎日試してみると、ナイトブラの内側に茶色い色素がつくようになりました。
これは、クリームが変色したものなのか、私の色素が抜けたものが付着したものなのかはさだかではありませんが、目に見えて私の乳首の色はだんだんと薄くなってきているのがわかりました。
効果が早く出たのがとても嬉しかったです。

でも、どうしてもピンクとまではいえないのが現状でした。
こげ茶から薄茶にする事は可能だったんですが…
あと一度薄くなっても塗り続けていないとまたこげ茶に戻ってしまうのです。
乳首の色は、よく大浴場に行った時におばあちゃんがピンク色をしていたりするのを目にする事がありますが、ホルモンの関係のようで、若い時は茶色くても仕方がないというのはわかっています。
でも男性はわかっていない方の方が多いと思うし、そういうビデオに出ている女優さんはみんな綺麗なピンク色をしているのでそういうものだと思っている可能性すらあります。

ハイドロキノンはある種劇薬ともいえるものだと思いますし、それをずっと使い続ける事や、ブラが汚れてしまう事も抵抗がありました。
肌の弱い方でしたらかぶれる可能性もあります。
私は大丈夫でしたが…
今でもピンクの乳首に憧れはありますが、強い薬を使うのは効果もありますが怖い部分もあります。
使うのをやめたら元に戻る事、若いなら茶色くても仕方がない事をわかった上で、それでも使用したいのかという事をよく考えてみてほしいです。

初めまして私は都内に住む男性です、乳首の黒ずみに関してのお話しなんですが少しだけこの場をお借りしお話しさせて頂きたいと思います、宜しければ最後までお付き合い下さい。

私は30代に入り急に乳首の色が黒ずみ出してきました、10代20代の頃は世間一般の人達と同じ色合いでした、私は何出だろ?と少し考えると思い当たる点が多少ありました、それは若い頃の日焼けです、考えてみれば保育園の頃から夏になれば必ずプールの時間があり紫外線を浴びていて、小学生になっても夏になれば必ず授業でプールがあり紫外線を浴びて‥という感じで夏になると嫌でも日焼けをしていました。

更には成人になっても友人達と海水浴に行ってこれでもかというくらい日焼けをしていました‥ちなみに私は日サロにも行っていました‥、乳首の黒ずみはもしかしたらこの若い頃の行いが原因なのでは‥?と思ったのです、とはいえ私はこの乳首の黒ずみを悩み込む程ではありませんでしたので病院には相談に行かずに自身で何か改善策はないかと探してみる事にしました。

すると案外簡単に試してみる事を思いつきました、それはオキシドールを乳首に塗り込むという事でした、私は昔学生時代の頃にお金が無く市販のヘアカラーが買えずにオキシドールを髪の毛に塗り脱色をしていました、ちなみにオキシドールは消毒液なので地肌に付着してもかぶれたりする事がないというのは実証済みでしたので乳首に塗り込む事には何の不安もありませんでした。

そして私は脱脂綿にオキシドールを染み込ませ乳首に塗り込みそのまま放置して1日を過ごしました、翌日の夜にお風呂に入り乳首の色を確認してみると全く変化はありませんでした、しかし私は根拠強く続けてみました、お風呂に入り上がったらオキシドールを塗りそのまま寝て朝起きて、また夜になってお風呂に入り上がったらオキシドールを塗るという繰り返しです。

そんなゴールがあるのか無いのか分からない実験的みたいな事を私はなんと‥1年続けました、しかしこの努力が実を結ぶ事になったのです!ある日の夜いつものようにお風呂に入り鏡に写った自身の身体全体を何気無く見ると乳首の色が薄くなっている事に気づいたのです‥私は直に乳首を確認するとやはり黒ずみが多少ですが取れてピンクがかった色合いになっていました。

私はこの良い結果が出たという事でその後も続けて、結果的には約5年という歳月をかけてオキシドールを染み込み乳首の黒ずみを改善させる事に成功しました、もちろんこのやり方が良いか悪いかは分かりませんので人様にはオススメは致しかねますが、実際に私が成功したという事は事実なので乳首の黒ずみに悩んでおられる方は自己責任でお試し下さい、ちなみに長期間になる事と思いますので気長に変化を待つ事が大切です。

という事で乳首の黒ずみに関する対策や改善策のお話しをさせて頂きました、最後までお付き合い下さいましてありがとうございました、それでは。